胡蝶蘭に関する情報が満載!

お祝い事に贈る胡蝶蘭の相場

飲食店の開店のお祝いや歯科等のクリニックの開業のお祝いとして、または演劇等の楽屋花として胡蝶蘭を贈る方は多いのではないでしょうか。
この花は植物の中でも最も高級感があり縁起の良い華やかなお花として有名です。
何かのお祝いとして贈る場合の胡蝶蘭の相場は3万円から5万円の方が多いです。
もちろんこれは住まいの地域等によって値段は変動します。
3万円から5万円のものだと、種類や花の色などによっても様々ですが多くの場合は3本から5本花の茎があるものが多いでしょう。
だいたいですが1万円で花の茎が一本と思うと大きさを想像しやすいです。
一般的にミディと呼ばれている小さい花の輪がたくさん付いている物はサイズが小さいですから相場は大きいスタンダードなものに比べてぐっと低価格になります。
これも種類によりますが小さいものだと3千円くらいから購入できます。
胡蝶蘭は相場にあったもの、または送り先に合ったものを贈ると喜ばれることでしょう。

胡蝶蘭を贈る時は相場とマナーを意識

胡蝶蘭は、お祝い事に贈る定番の花です。
法人間のやり取りから始まった習慣ですが、最近は個人間でも、記念日などに贈られることが増えました。
胡蝶蘭はとても高級な花ですが、価格だけではなく見た目の華やかさや、上品で美しい姿からも、お祝いに相応しい花と言えます。
臭いがあまりなく長持ちするので、環境にもよりますが数ヶ月間は楽しむことができるなどの条件も、贈りものとして選ばれる理由です。
お祝いの内容や、贈る方との関係性によって、胡蝶蘭の相場は異なります。
家族や友人、知人など親しい間柄の場合は、1万円から数万円程度を選びます。
取引先などでは2から5万円など、個人間に比べて少し高めです。
開店祝いや就任祝いなどでは、一度にたくさん贈られることも多いです。
花は長持ちしても自宅での管理は非常に難しいので、引き取りサービスを実施している生花店もあります。
引き取りの際の連絡先を添えるのも、贈る側のマナーとして広まってきています。

pickup

美容室を砺波で探す
http://waraku.co.jp/author/dear-nexus

最終更新日:2017/3/2

↑TOP↑