胡蝶蘭に関する情報が満載!

肥料や水の手入れが胡蝶蘭に与える影響

植物の育て方や管理において、重要なことは肥料をあげるタイミングや水やりの間隔、温度管理などになりますが、こと胡蝶蘭に関しては間違えてしまい、枯らしてしまう事が多いと言われています。
それはなぜ起きるのかと言うと、蘭科の植物は寄生植物である為に水も肥料もあまり必要とする事はなく、通常の植物の様に育ててしまうと栄養過多になり枯れてしまいます。
これを知らずに蘭の管理をしようとすると、毎回枯れてしまい、蘭の管理は難しいという事になってしまうのです。
では実際にはどういった管理をするのが良いのかと言えば、鉢植えであればスギなどの保水性のある支持体を敷き詰め、そこに蘭を植えればいいだけと言う非常に簡単なモノが良いです。
そして水は2週間から3週間に1回の間隔で、たっぷりあげます。
あとは軸が弱ってきた時に液体肥料を上げるだけになります。
それ以上手入れをしてしまうと、整った環境という事で枯れてしまいますので十分に注意する必要があります。

胡蝶蘭の育成に関する心得と肥料の扱い方について

胡蝶蘭は美しい花を咲かせることから鑑賞用として人気があります。
家庭では鉢植えで育成させるのが一般的ですが、胡蝶蘭は他の樹木に根を張って育つ植物なので綺麗な花を咲かせるためには性質を把握して育成に取り組む必要があります。
また、強い光を長時間浴びると日焼けを起こして枯れてしまうことがあるので、屋内での置き場所にも注意することが大切です。
胡蝶蘭は暖かい地方が原産地なので温度や湿度の管理も重要なポイントになります。
そのため、原産地の気候を忠実に再現することが美しい花を咲かせるための秘訣です。
良好な環境が続くと害虫が付着することもあるので、必要に応じて薬剤の散布などの処置を施します。
植物の育成に不可欠な肥料は市販品の使用が適していますが、濃度が濃いと却って状態が悪くなってしまうことがあります。
また、雑草が繁殖してしまうこともあるので専用の肥料を用いる場合も状態を観察したうえで濃度を調節することが長く育てるための条件になります。

おすすめWEBサイト 5選

代行を品川で頼む
http://saison-daiko.com/shinagawaku/
印鑑付きボールペンを購入
http://www.8583.jp/products/lists89.html

2017/3/2 更新

↑TOP↑