胡蝶蘭に関する情報が満載!

胡蝶蘭の育て方と注意点

胡蝶蘭は、ラン科、ファレノプシス属の熱帯の植物です。
花びらの形はまるで蝶が舞っているようで、花の色も清楚な白色、可愛いらしいピンク色、高貴な紫など様々であり、贈る相手の好みや贈る用途により色を選べます。
女性に最も人気が高く、また、豪華と高級なイメージでどこに置いても存在感をかもし出す事から新築祝や開店祝、開業祝などによく贈られものです。
寒さに弱いため最低温度15度位に保ち、反面高温に強く35度位まで大丈夫です。
但し、直射日光を避ける必要があり、寒い時期などは、カーテン越しに日当たりが良い場所に置くと良いです。
水を与えすぎると根腐れの原因になりますので注意する必要があり、1週間から10日に1度を目安に水やりをします。
基本的には、根元に敷かれた水ゴケが乾燥しないように注意しながら水を与えます。
しかし湿度を好みますので、空中の湿度がある場所が良いものです。
暖房が必要ない時期は、乾燥しやすいので、霧吹きなどで湿気を与えてあげると良いものです。
胡蝶蘭は、水を頻繁にやる必要がないことなど手のかからないものでもありますが、とてもデリケートな植物でもありますので、水のやり方と温度などに気を使い肥料を与えるなどすれば、ながく楽しめる花です。

胡蝶蘭の基礎知識について

胡蝶蘭はファレノプシスとも呼ばれています。
ギリシャ語から来ており花の形が蛾の様に見える事から呼ばれる様になりました。
日本では、蝶が飛んでいるように見える事から名付けられています。
原産地は熱帯地域が原産になっており、東南アジアや台湾やインドネシア等の広範囲に分布しています。
胡蝶蘭は熱帯原産の植物の為に、暑さには大変強い植物なのですが、反対に寒さに弱いという特徴があります。
日本で栽培する為には、冬の寒さ対策などを行う必要が出てきてしまいます。
元々木々に根を張る事で、成長していく蘭の為に多くの水を必要とはしません。
空気中の水分を取り込む事で栄養分を吸収する事が出来る様になっています。
その為に、あまり多くの水を与えてしまうと根腐れさせてしまう心配があります。
市場に出回っている胡蝶蘭は、メリクロン苗と呼ばれるタイプが多くなっています。
メリクロン苗は、バイオテクノロジーによって、新芽の生育点を細胞分裂させる事で増殖させる事が出来る様になっています。
栽培は温室を利用して行われている為に、年間を通して栽培する事ができています。
本来なら2月〜3月に開花する事が多いのですが、年間を通して花を楽しむ事が出来る様になっています。

Favorite

オーディオ買取 横浜
練馬区 老人ホーム
探偵 福岡

2017/12/1 更新

↑TOP↑